インプラントや歯周病などのセカンドオピニオンについて

インプラントや歯周病などのセカンドオピニオンについて

 暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は、インプラントのセカンドオピニオンについてお話しさせていただければと思います。

セカンドオピニオンを簡単にお話しさせて頂くと

 治療の診断や方法などは各病院・Drによって様々です。簡単な虫歯の治療ではそんなに大きな差は生まれないのですが、インプラントや歯周病の治療などお口の中を全体的に治療する事が必要な場合はかなりの違いが出てきます。

 歯が一本失われただけでもインプラント・ブリッジ・入れ歯と多くの選択肢が出てきます。それがお口の中全体に及べば非常に多くの選択肢が出てくるようになってきます。

 その時に、セカンドオピニオンとして他の病院で話を聞き自分に合っている治療方法を再確認する事を言います。また、かかりつけの医院が無いのであれば色々なお話しを聞いて自分いあった治療方を探す事を指す場合もあります。

 昨今では歯科の方でもセカンドオピニオンは非常にメジャーとなっていますので、担当の先生や相談先の病院に遠慮せずお話ししていただいたらいいと思います。

 治療は一度開始していまうと後に戻る事は出来無くなっています。一度削った歯は戻ってきませんし、インプラントなどを始めてしまえばそれこそ元の状況に戻すには大変な労力が必要となります。大きな治療で失敗しないためにはご自身にあった病院やDr・治療方法を探す事が一番大切となります。

では、当医院でのセカンドオピニオンをご希望された場合の一例を今日はご紹介しようと思います。

横浜在住の患者様で現在通院されている病院で抜歯をされて、その後インプラントかブリッジかで悩んでいるとのことでした。

 来院された当日は既に2つほど他の医院でセカンドオピニオンを受けられている状態でした。その都度CTやレントゲン写真を撮影していたとのことでしたので今回は被曝の観点から撮影は行わずお口の中の状態と以前の病院で説明があったレントゲン写真の状態を元にお話しをさせていただきました。

 以前に前歯にブリッジが入っていてそこの一本の歯が折れてしまっていて前歯2本が無い状態でした。他の病院とお話しが重複しても同じことの繰り返しになってしまいますので、今までのどういうお話しがあったかを聞かせていただいてからご説明させていただきました。

 他院ではインプラントのお話しを多く聞いていたようでしたので、再度前歯の治療方法としてブリッジ・インプラント・入れ歯があることとそれについての利点欠点及びかかってくる費用を保険診療・自費診療含めてざっとお話しさせていただきました。

 ご説明させていただいた後当院での治療をご希望され、インプラントかブリッジのどちらかで考えたいとのことでしたので次回治療計画書及びお見積もりの作成をさせていただきました。

 

 

 

 

  • インプラントや歯周病などのセカンドオピニオンについて
  • インプラントや歯周病などのセカンドオピニオンについて

以上のような形で書面でお渡ししました。なるべく早くをということであればその場で手書きでお渡しする場合もあります。

このような形で医療法人港成会ではなるべく皆様にわかりやすいく、多くの治療の選択肢をご提示できればと思っています。もしお口のなかでお悩みやお話しだけでも聞きたいなどあれば最寄りの医院にいつでもお電話ください。生涯を通じて変化していくお口のなかを少しでも健康で長くお使いいただけるようにスタッフ一同お手伝いさせて頂ければと思っています。

 

  • インプラント治療は
自然な見た目と咬み心地を取り戻せる治療です
「インプラント治療とは」はこちら

医療法人社団 港成会KOUSEI-KAIMEDICAL CORPORATION

PAGE TOP