インプラント治療とは

しっかり咬める快適な毎日を取り戻すために

しっかり咬める快適な毎日を取り戻すために

「咬む」「話す」「呼吸する」など、口腔内環境は日常における大切な行為と深く関わっています。しかしその重要性に気づくのは、歯を失ってから……という方も少なくありません。当たり前の行為がうまくできなくなったときに、はじめてショックを受けるという方もいらっしゃるでしょう。

そんな大切な歯の機能を取り戻す治療に、インプラント治療があります。こちらでは横浜の歯医者、医療法人港成会の再生医療審美インプラントLaboが、インプラント治療とはどんなものか、またそのメリットなどをくわしくご紹介します。インプラント治療については、お気軽に当Laboまでご相談ください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、失ってしまった歯の機能と見た目を取り戻すことができる治療です。歯を失った部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタンでつくられた人工歯根(インプラント)を埋め込み、アバットメント(結合部分)を介してその上に人工歯を装着することで、まるで天然歯のような咬み心地を回復することができます。

また人工歯はセラミックを用いて、まわりの歯の白さや透明感に合わせて製作します。どこを治療したのかわからない仕上がりになるのも大きな特徴です。

インプラント治療のメリット

メリット1 しっかり咬めるようになる インプラントが顎の骨としっかり結合する構造になっており、硬いものでも問題なく咬めるようになります。これは、従来の補綴(ほてつ)治療である入れ歯ブリッジよりも、大幅な機能回復が期待できます。
メリット2 自然で美しい
仕上がりになる
保険診療の入れ歯などには、どうしても目立ってしまうというデメリットがありました。しかしインプラントなら、天然歯と見分けがつかない美しい仕上がりになります。
メリット3 違和感・異物感がない インプラントは天然の歯根と同じ構造で顎の骨と一体化するため、入れ歯やブリッジのような違和感、異物感がありません。そのため、食事や会話も支障なく楽しむことができます。
メリット4 まわりの健康な歯に
負担をかけない
インプラントは失った歯の部分だけで独立して治療を行うため、部分入れ歯やブリッジでバネをかける歯、支台にする歯などにダメージを与えません。まわりの健康な歯の寿命を縮めることがないのも特徴です。

インプラント治療をおすすめの方

インプラント治療は、次のような方におすすめです。当てはまる方は、お気軽に当Laboまでご相談ください。

費用が高額になっても
より高度な治療を受けたいという方
食事や会話を
快適に楽しみたい方
接客・サービス業に就いていて
入れ歯にはしたくないという方
治療したことを
他人に気づかれたくない方
今使っている入れ歯に
不満がある方
高機能の入れ歯をつくったが
満足できないという方
入れ歯がよく合わなくなって
何度もつくり直している方
しっかりとした咬み心地を
取り戻したいという方

デメリットについて

インプラント治療にもデメリットはあります。メリットだけでなく以下に挙げるデメリットについてもしっかり説明いたします。その上でインプラント治療について一緒に考えていきましょう。

  • 健康保険が適用されないため、費用の負担が大きくなる
  • 外科手術が必要
  • 手術後、傷口の治癒を待つ期間を設けるため、治療期間が長くなる
  • 全身疾患がある場合には、治療を受けられないケースもある
  • 治療後にはメインテナンスが欠かせない

当院のインプラントメーカーの紹介

ひと言でインプラントといっても、メーカーによってさまざまな特徴があります。横浜の再生医療審美インプラントLaboでは、多くの患者様に安心して使えるインプラントをご提供するために、信頼性の高いインプラントメーカーのシステムを採用しています。こちら以外でも国内に流通するインプラント体をご用意できますので、お気軽にご相談ください。

ストローマンインプラント

ストローマンインプラント(ITI)

ストローマン社は、世界トップクラスのシェアを誇るインプラントメーカーです。50年以上におよぶ研究と優れた検査体制をベースにした科学的根拠に重きを置き、開発されたのがストローマンインプラント(ITI)。ストローマン社の専門的な指導を受けた認定医しか取り扱いできないため、適切な処置を受けられます。二次手術が不要で、治癒期間が6週間程度と他のシステムより早いのもメリットです。

ノーベルバイオケア

ノーベルアクティブ

インプラント治療の生みの親として知られるブローネマルク博士が「チタンと骨が結合する特性」を発見した後、世界で初めて歯科インプラントシステムを製品化したのがノーベルバイオケア社です。国際学会などにおける症例発表が多く信頼性が非常に高いこと、古い製品にも適用できるパーツを世界中に供給するなどサポート体制が整っていることから、多くの方に選ばれています。

  • 歯を失ったまま放置すると
見た目だけでなくさまざまな問題が招かれてしまいます
「放置するリスク」はこちら

医療法人社団 港成会KOUSEI-KAIMEDICAL CORPORATION

PAGE TOP