そのほかの選択肢

インプラント以外の選択肢

インプラント以外の選択肢

歯を失ってしまったときの治療は、インプラントだけではありません。ほかにも、古くから選ばれている入れ歯ブリッジもあります。お口の状態や望まれることは誰もが同じではなく、適した治療も患者様一人ひとり異なるものです。

そこで横浜の歯医者、医療法人港成会の再生医療審美インプラントLaboでは、患者様とご相談を重ねることで、どんな治療がいいのかを追求しています。それぞれの治療についてのメリットはもちろん、デメリットについてもくわしくご説明しますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

失った歯の機能を回復させる治療には、インプラント・入れ歯・ブリッジがあります。それぞれの特徴を比較してみましょう。

治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
  インプラント 入れ歯 ブリッジ
概要 歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法 失った歯の本数に合わせて、部分入れ歯・総入れ歯を製作する治療法 1本~隣り合う数本の歯を失った場合に、両隣の歯を削って支台にして、連なった人工歯を装着する治療法
手術 必要 不要 不要
費用 自費診療 保険診療も選べる 保険診療も選べる
審美性 自然で美しい 比較的目立ちやすい 比較的目立ちにくい
機能性 しっかり咬めるようになる ある程度咬めるようになる 比較的咬めるようになる
治療
期間
長い 比較的短い 比較的短い

入れ歯

入れ歯は、古くから多くの方に選ばれている治療法です。保険適用のものと自費診療になるものがあり、それぞれに特徴があります。製作する前には、何を重視するのかを十分に考えたうえで保険または自費を選択することをおすすめします。

保険と自費の入れ歯の比較
  保険適用の入れ歯 自費診療の入れ歯の特徴
  保険適用の入れ歯 自費診療の入れ歯の特徴
素材 床の素材はレジンのみ 金属の床などさまざまな選択肢がある
技術 部分入れ歯は金属のバネを用いるもののみで、選択肢はかぎられている 選択肢に制限がなく、バネのない部分入れ歯など最新の技術を取り入れることも可能
使用感
  • 装着時に違和感がある
  • 食べ物の温度を伝えにくい
  • 咬み心地の回復はある程度まで
  • 咬む力が顎の骨に伝わらず、やせやすい
  • 床を薄く軽くつくることもでき、使用感を追求できる
  • しっかり咬めるものがつくれる
  • 部分入れ歯などでも、まわりの歯に負担をかけないものがつくれる
耐久性 壊れやすいが修理しやすい 壊れにくいが修理が難しい
費用 抑えられる 高額になる

ブリッジ

ブリッジ

1本~隣り合う数本の歯を失った場合に行う治療です。歯を失った部分の両隣の健康な歯を削って支台にし、連なった人工歯を橋(ブリッジ)のように架けて咬む機能を回復させます。保険適用内での治療も可能であり、入れ歯よりも見た目・咬み心地は優れています。ただし、健康な歯を削る必要があります。

ブリッジのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 入れ歯よりも見た目が自然
  • 素材や治療する場所によって、保険が適用できることがある
  • 自費治療であれば、人工歯にセラミック製のものを選ぶことも可能
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支台となる歯に負担がかかり、その歯の寿命を縮めてしまうことがある
  • 奥歯など、適用できないケースもある
  • インプラント治療は自然な見た目と咬み心地を取り戻せる治療です  「インプラント治療とは」はこちら

医療法人社団 港成会KOUSEI-KAIMEDICAL CORPORATION

PAGE TOP