インプラントの治療費について

インプラントに関わる治療費について

横浜の歯医者、医療法人港成会の再生医療審美インプラントLaboでは、歯を失った本数ほかお口の状態に合わせて、適切な治療をご提案します。顎の骨が不足している場合には、骨再生療法への対応も可能です。

インプラントの種類や本数、また治療の組み合わせなどによって費用は一人ひとり異なりますので、治療費についてのご相談もお気軽にお寄せください。

料金表

診断料・設計料(CT含む) 無料
サージカルガイド 100,000円
インプラント

インプラント

インプラント体(ITI) 200,000円程度
インプラント体(Nobel) 190,000円~220,000円
スタンダードアバット 30,000円
カスタムバット 50,000円~100,000円
上部構造ゼノスター 70,000円
上部構造ジルコニア 120,000円
上部構造メタルクラウン 60,000円
上部ゴールドクラウン 100,000円
骨が少ない場合の治療

骨が少ない場合の治療

GBR(メンブレンなし) 30,000円~
(人工骨の量による)
GBR(メンブレンあり) 80,000円~
ソケットリフト1歯 30,000円   
ソケットリフト1歯(Bioss含む) 50,000円   
サイナスリフト 150,000円~200,000円   
歯ぐきが痩せている場合の治療
CTG1ブロック 30,000円~
FGG1ブロック 30,000円~
チタンメッシュ垂直的GBR 200,000円~
入れ歯を使った治療

入れ歯を使った治療

インプラントデンチャーバーアタッチメント 450,000円
(デンチャーは別途補綴料金より)
インプラントマグネット1本 80,000円
メーカー別
ITIインプラント 200,000円程度
ノーベルバイオケアインプラント 190,000円   
アバットメント 30,000円   
ジルコニアアバットメント 50,000円   
上の歯の部分(メタル) 50,000円   
上の歯の部分(セラミック) 80,000円   
ノーベルクリニシャン
(シミュレーターによるオペレーション)
100,000円   
PRR(バイオス含む)(骨再生療法) 47,000円   
仮歯 2,000円   

※価格はすべて税抜表記です。

医療費控除について

歯科治療も医療費控除の対象になります。保険診療だけでなくインプラント治療などの自費診療も該当しますので、確定申告をおすすめします。

医療費控除とは

生計をともにする家族が1年間に10万円を超える医療費を支払った場合に、確定申告を行うことで税金が還付される制度です。

医療費控除額(課税対象から控除される金額です)

「1年間の医療費」-「保険金等の受給額」-「10万円または所得税の5%()」

=  医療費控除額(上限200万円)

※その年の所得金額の合計が200万円未満の場合には、所得額5%が対象となります。

所得税の還付金額(納付済みの税金の一部が戻ってきます)

「医療費控除(上限200万円)」-「あなたの税率()」=  還付金額

※課税対象となる所得が、
330万円未満の場合          10%
330万円以上900万円未満の場合   20%
900万円以上1,800万円未満の場合  30%
1,800万円以上の場合        37%

医療費控除額(課税対象から控除される金額です)

「医療費控除(上限200万円)」-「あなたの税率()」=  減税金額

※課税対象となる所得が、
200万円未満の場合        5%
200万円以上700万円未満の場合  10%
700万円以上の場合        13%

保証について

保証内容
  • 上部構造5年保証
  • インプラント体10年保証
保証を受けていただくには条件があります
  • 歯科医師の指示に従い、ご自宅での正しいケアに努めること
  • 定期的にメインテナンスを受けていただくこと

「条件」と言っても、特に難しいことはありません。埋め込んだインプラントにとって良くないことをできるだけ避け、インプラントの寿命を延ばすように心がけて使っていただくこと、それだけです。インプラントの保証を受けるため、そしてせっかく埋めたインプラントを長持ちさせるために、正しいケアとメインテナンスに努めましょう。

  • 医療法人港成会再生医療審美インプラントLaboでは
丁寧なご説明を重ねながら治療を行っています
「治療の流れ」はこちら

医療法人社団 港成会KOUSEI-KAIMEDICAL CORPORATION

PAGE TOP